任意整理の費用を抑えるためには?【家族や会社には知られたくない】

記事一覧

弁護依頼にかかる料金体系

説明

任意整理を弁護士に依頼する際に、相談料、着手金、報酬金の費用が発生します。相談料や着手金は無料の事務所もあります。報酬金には、基本報酬、減額報酬、過払い報酬といった種類があります。法律事務所によって費用は異なります。

詳しく見る

司法書士に借金問題を依頼

男の人と女の人

借金問題を解決する方法のひとつに任意整理がありますが、任意整理は1社あたり140万円以下の借金であれば認定司法書士に依頼しても行うことができます。認定司法書士に依頼するメリットは費用を抑えて行うことができることで弁護士よりも任意整理にかかる費用が安く済ませることができます。

詳しく見る

弁護士相談はメリット大

男女

弁護士依頼にかかるお金

消費者金融から1社だけでなく複数借りていて、毎月の返済が追い付かず利息を入れるのがやっと、中には返済期日を遅れがちにしているところもあり困っている方は、弁護士に相談をすることです。弁護士に一度借金の悩みを相談をすることで、任意整理という方法で解決することができます。任意整理を依頼するメリットは、特に借金が滞っている時は消費者金融からの督促が毎日のようにきます。弁護士が受任することで督促がストップします。また、借金というデリケートなことなので家族や会社には知られたくないです。バレやすいのは、自宅に督促状が届いたり自宅に電話連絡がくるとき、郵送物を勝手に開けられてしまうなどです。弁護士が受任することで業者からの連絡窓口になるので直接連絡がくることはないです。手続きに関してですが、すべて代行してくれます。面倒な手間と時間が省け、借金を大きく減らすことができます。では、弁護士に任意整理依頼する際の費用ですが、主にかかる費用として相談料、着手金、報酬金などです。相談料に関して費用0円としているところもあります。ただし、弁護士に依頼することで借金減額できることは分かっていても、弁護士費用が払えるのかという人もいます。弁護士側も任意整理で借金の相談に来てお金に悩んでいることは十分把握していますから着手金無料や分割払いに応じる、過払い金が発生していれば弁護士費用を充当するといったようにムリなく支払えるように対応してくれます。

弁護士と司法書士

悩む人

任意整理の費用は、司法書士と弁護士で異なります。司法書士の方が安いのですが140万円以下の債権までしか取り扱うことができないのです。そのため債務金額が大きいと対応できないことになるので、無料相談などで相談をしてみることです。

詳しく見る

1社あたりの金額を抑える

説明

任意整理は、弁護士と司法書士どちらでもできます。ただし、司法書士は140万円以下の債権しか取り扱いできないので、140万円以下で任意整理で処理するのであれば弁護士に依頼するよりも1社あたりの費用を安く抑えることができます。

詳しく見る

債権者との交渉を行う

レディ

任意整理とは裁判所を介さずに債権者と直接交渉して利息の減額や過払い金の返還を求めることです。弁護士や司法書士に依頼することになり、費用は自由に決められていますがある程度の目安があります。費用だけでなく信頼できるかもポイントです。

詳しく見る

Copyright© 2018 任意整理の費用を抑えるためには?【家族や会社には知られたくない】 All Rights Reserved.