任意整理の費用を抑えるためには?【家族や会社には知られたくない】

記事一覧

1社あたりの金額を抑える

説明

140万以下なら司法書士

任意整理をしたい時に、弁護士と司法書士どちらに依頼すればいいのだろうと悩むときがあります。一般的には司法書士に依頼をしたほうが安いので費用面ではメリットが大きいですが、安いという理由だけで司法書士に決めてしまった場合に、後々に弁護士に最初から頼めばよかったということもあります。任意整理を司法書士と弁護士どちらに依頼をしても費用くらいで、結果はあまり変わらないことが多いのですが、取り扱う債権金額や金利の引き直し計算によって140万円以上の過払い金が発生すると司法書士は裁判所で交渉をすることができないのです。また、任意整理で減額できたとしても相談者本人がそれでも毎月の返済が厳しい場合、個人再生や自己破産も検討しなくてはならないのですが、司法書士には個人再生や自己破産まで代理交渉権が与えられていませんので、相談者は新たに弁護士に依頼をすることになります。そうなると司法書士費用もかかりますし弁護士費用もかかってしまうのです。そのため、最初から弁護士に依頼をしておけばよかったということもあるのです。そのため、1社あたりの過払い金額が140万円以上ない場合で任意整理で債務整理をするのであれば、弁護士よりも司法書士のほうよいです。1社あたりの着手金や基本報酬等を安く抑えることができます。ただし、債務金額が大きくて個人再生や自己破産検討しているのであれば、最初から弁護士に依頼をしたほうがよいです。

Copyright© 2018 任意整理の費用を抑えるためには?【家族や会社には知られたくない】 All Rights Reserved.