任意整理の費用を抑えるためには?【家族や会社には知られたくない】

記事一覧

弁護士と司法書士

悩む人

料金が異なる

任意整理の手続きは、個人でも行うことができますがすべて自分で取引履歴を債権者から取り寄せる、書類の作成、交渉などを行うことになります。仕事をしながらだと休みの日や自宅に帰ってから準備を進めていかなければなりませんので、手間と時間がかかります。早期に借金解決させるためにも任意整理は弁護士または司法書士に依頼をしたほうがスムーズに進みます。それでは、弁護士と司法書士どちらに任意整理を依頼したらいいのかとなります。司法書士に関しては140万円以下の債権までしか取り扱うことができない制限があり、個人再生や自己破産となると代理交渉権がないので書類作成は手伝えますが、交渉や裁判所出廷はすべて自分で行うことになります。一方、弁護士は制限がないのでどういった案件でも取り扱うことができます。では、弁護士に依頼した方がいいとなりますが、任意整理の場合かかる費用が司法書士と異なるのです。司法書士の任意整理費用相場としては、着手金なし、債権者は1社あたり2万円〜3万円、減額報酬は10%前後ですが0%の法律事務所もあります。弁護士の任意整理費用相場ですが、着手金は1社あたり4万円〜5万円、基本報酬は2万円〜3万円、減額報酬は10%が相場となっています。費用としては司法書士のほうが安くなっています。司法書士のほうが安いのですが、債務金額が大きいと司法書士では対応できないことがあります。誰に依頼するがベストなのか分からない場合は、無料相談などがあるので相談をしてみることです。

Copyright© 2018 任意整理の費用を抑えるためには?【家族や会社には知られたくない】 All Rights Reserved.