任意整理の費用を抑えるためには?【家族や会社には知られたくない】

記事一覧

司法書士に借金問題を依頼

男の人と女の人

かかる料金

借金の返済が辛くなってきたり、または借金をやめたいといった場合には任意整理という方法があります。任意整理は債務整理の一種ですが仕組みとしては弁護士や司法書士に依頼して直接業者と交渉して借金の減額を求めるというものです。実際の減額される額は将来発生する金利分といったところで元本は返済しなければなりませんが、個別に業者を選んで行うことができますし、周囲に知られることなく行うことができます。弁護士はあらゆる法律の問題に対して依頼者の代理人となれるものですが、その数は多くないもので費用も高めです。一方で本来の司法書士の場合には裁判所など司法機関に提出する書類を作成するのを手助けしてくれる資格で、比較的多く存在します。本来の司法書士は書類の作成だけですが、認定司法書士の場合には業者一社あたり140万円以下の借金であれば任意整理を行うことが可能です。弁護士の方が費用が高いですが司法書士であれば費用を抑えて任意整理をすることができます。また認定司法書士には代理人になることが認められているので受任した時点で借金の取り立ても停止されます。任意整理にかかる費用はケースによって変わってきますが、解決報酬金が1社あたり2万円以下で減額報酬金が減額分の10%以下と定められており、着手金が2万円から4万円程度ですから、司法書士による任意整理を行うためには上限は4万円から6万円程度ですが、実際には弁護士に依頼するよりも費用を抑えて行うことができます。

Copyright© 2018 任意整理の費用を抑えるためには?【家族や会社には知られたくない】 All Rights Reserved.